内視鏡検査の所要時間は10~15分前後です。

胃内視鏡検査の流れ・時間

前日から当日の流れをご説明します。

検査前日(ご自宅で)

検査前日の夕食は、夜7時くらいまでに済ませます。軽めの食事にしてください。
夜7時以降は、水分の摂取だけにとどめてください。
ただし、薬は検査の妨げになるので服用しないでください。

検査当日

検査当日の朝食はとらず、ご予約時間にご来院下さい。

来院後

受付をすませて、診療室に入室し、検査台に横になります。
胃の中の泡をとる水薬を飲みます。

経鼻の場合

鼻に止血剤入りの液体と、粘膜麻酔剤をスプレーで噴霧し、ゼリー状の麻酔剤をつけたネラトンチューブという細い管を鼻の中に挿入して局所麻酔を追加します。鼻腔の状態により、ネラトンチューブ注入だけで大丈夫なケースもあります。

経口の場合

ゼリー状の麻酔と噴霧の麻酔薬で咽頭を麻酔します。

胃の動きを止める注射をしたら、検査の開始です。緊張が強い場合には、鎮静剤を注射することもあります。 胃カメラを入れ、観察します。経鼻検査の場合、検査中も会話ができますので、ご不明点はお気軽にご質問ください。10分程度で検査は終了です。検査後は少し休んでいただき、その後検査結果をご説明し、ご帰宅となります。

ご帰宅後

検査終了から2時間くらいしたら、食事をして構いません。普段通りのメニューで大丈夫です。
経鼻検査の場合、1時間程度で食事が可能になる場合もあります。医師の指示に従ってください。

なお、検査時に組織を採取して生検を行った場合、当日の飲酒は控えます。

大腸内視鏡検査の流れ・時間

前日から当日の流れをご説明します。

検査前日

検査前日の夕方に腸管洗浄剤(1800ml)の半分(900ml)を服用します。前日の夕食は原則として、検査食を食べていただきます。早めの就寝を心がけ、体調を整えてください。水分の摂取は構いません。

検査食を食べるのが難しい場合、おかゆ、うどん、スープなど、消化の良いものを少な目に食べてください。 腸管洗浄剤は当日の朝に全量を服用することも可能です。

検査当日

当日の朝食は食べずにいらしてください。水分摂取は行って大丈夫です。
腸管洗浄剤の残り半分(900ml)を服用します。腸管洗浄液服用後4~5時間で宿便が除去されます。ご予約時間に合わせてご来院下さい。受付を澄ましたら、個室で検査着のズボンに着替えます。

検査台に横になり、内視鏡挿入部位への局所麻酔を行います。胃腸の動きを止める鎮痙剤の注射を行うこともあります。また、ご希望があれば、鎮静剤の注射を行います。
検査開始をしたら、リラックスしている状態を確かめながら検査を進めていきます。内視鏡を肛門から挿入し、大腸全体を丁寧に観察します。病変と疑わしい部分があったら、組織を採取して生検を行います。ポリープがあったら、その場で摘出することもあります。
15分程度で検査は終了です。鎮静剤の注射を受けた方は少しお休みいただきます。検査結果をお伝えし、ご帰宅となります。

帰宅後

腸の動きを止める注射を行っているので、食事は検査後1時間くらい後に可能になります。
メニューはいつも通りの内容で大丈夫です。

組織を採取する生検を行った場合には、当日の飲酒を避けてください。 ポリープを摘出した場合は、それに応じた食事制限を1週間前後、行う場合があります。

内視鏡検査は食事制限がありますが、基本的には普段通りです。

検査前の食事制限はありますが、基本的にいつも通りお過ごしいただけます。当クリニックでは経験豊富な専門医が丁寧に内視鏡検査を行っています。内視鏡検査をはじめて受ける際にはさまざまなご不安があると思いますので、どんなことでもご相談ください。