お忙しい方でもスムーズに、そしてできるだけ快適に内視鏡検査を受けていただくために、検査の前日やその後の過ごし方についてご説明します。
検査日のスケジュールを決める参考にしてください。

胃内視鏡検査

前日の食事

前日の夕食は夜の19時~20時までに済ませます。その際、腹8分目程度の軽い食事にしてください。 検査時に、食物残渣があると精密な検査ができません。繊維質の多いメニューや油脂分の多い食事は避けてください。 また、検査当日の朝食は抜いてください。

検査後の食事

口からの検査の場合、咽頭麻酔が残っているので、検査後2時間程度経ってから食事可能になります。
鼻からの検査の場合、1時間程度で食事が可能になります。食事内容に関しては、制限がありません。
組織を採取する政権を行った場合には、当日の飲酒を控える必要があります。

胃内視鏡検査の注意点

普段飲んでいるお薬がある方は、事前にそのお薬についてお伝えください。お薬手帳をお持ちいただくか、飲んでいるお薬をお持ちください。特に、血液をさらさらにする抗血小板薬や抗凝固薬を飲んでいる場合には、検査前に服用の中断が必要になる場合があるため、必ずお伝えください。

大腸内視鏡検査

検査前日から当日かけて「腸管洗浄剤」を服用します。 食事制限はありますが、お仕事は検査前日や検査後に、普段通り行っていただいて構いません。

前日の食事

原則として、お渡しした検査食を食べていただきます。これは便として残りにくいマニューがセットになった食事です。都合により検査食が取れない場合には、お粥、うどん、スープ類など食べますが、腹6~7分目にとどめてください。見逃しのない検査のためには、検査食がベストです。

※腸管洗浄剤について 1800mlの腸管洗浄剤を服用しますが、検査前日の夕方に半分(900ml)、検査当日の朝に残りの半分(900ml)と、2回に分けて服用します。先日の服用ができない場合には、当日の朝に全量(1800ml)を服用します。

検査後の食事

腸の動きを止める注射を行って検査を行いますので、検査後、1時間程度過ぎてから食事可能です。内容は普段通りのもので大丈夫です。
組織を採取する生検を行った場合には、当日の飲酒は控えます。 ポリープを摘出した際には、状況に応じた食事制限を1週間ほど行っていただく場合もあります。

大腸内視鏡検査の注意点

普段飲んでいるお薬がある方は、事前にそのお薬についてお伝えください。お薬手帳をお持ちいただくか、飲んでいるお薬をお持ちください。特に、血液をさらさらにする抗血小板薬や抗凝固薬を飲んでいる場合には、検査前に服用の中断が必要になる場合があるため、必ずお伝えください。

検査日はスケジュールを確認して決めましょう

忙しいスケジュールを縫って精度の高い内視鏡検査を受けても、胃や大腸になにか残っていてしっかり確認できない部分があっては正確な診断は望めません。検査前の食事制限を無理なく守れるよう、検査前日に食事会やパーティなどが入らないかしっかり確認しておきましょう。