苦痛の少ない内視鏡検査

内視鏡検査は、病変を直接観察できることが一番の利点です。対象となる病気は、さまざまでとてもたくさんありますが、もっとも大事なのは癌(がん)を見逃さず、きちんと治療に結びつけることです。 特に、胃がん、大腸がんは医師になって以来一貫して、その治療に情熱を燃やしてきた病気です。

胃カメラ

上部内視鏡(胃カメラ)は、食道、胃、十二指腸を観察します。

大腸カメラ

大腸内視鏡(大腸カメラ)は大腸(結腸、直腸)、肛門を観察します。

内視鏡検査は、これまで多少なりとも苦痛を伴うものでありましたが、私自身で何度も上部内視鏡検査と下部内視鏡検査を受ける側として体験し、検査を受ける方の苦痛がどこにあるかを体験しながら、可能な限り苦痛を取り除くことと、きちんと診断することを両立することに妥協を許さず、技術、方法、ケア、器械に至るまで常に精進し精一杯務めさせていただきます。

内視鏡検査について詳しくはこちら

このような症状でお困り方はご相談ください

食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆のう、すい臓などこれら消化器の臓器に炎症や異常が起こるとさまざまな症状が出てきます。次のような気になる症状がある方は、当院までご相談ください。

  • 胃 の痛み、胃のもたれ
  • 胸やけ
  • 呑酸、げっぷ、はきけ
  • お腹の張り、腹痛
  • 便秘、下痢
  • のどのつかえ、のどの違和感
  • 食欲の低下、体重減少
  • 黄疸(からだが黄色くなる)
  • 黒い便が出る、便に血が混じっている